更年期に冷え性がより悪化する人が多い

若いころから身体の冷えに悩んでいる場合、
更年期に差し掛かってくると冷え性がよりひどくなってきます。

 

理由は加齢による代謝の減少によります。

 

女性は特に男性に比べて筋肉量が少ないので、
冷え性になりやすいのですが、更年期になると筋肉量が減り、
その結果、体の中から熱を生み出す力も衰えてしまいます。

 

さらに、更年期に差し掛かると「閉経」が原因となり
その結果、女性ホルモンの減少が著しくなってきます。

 

女性ホルモンの中でもエストロゲンの低下によって
体温調節を上手にできなくなってしまい、
その結果としてよりひどい冷え性に悩まされてしまうんです。

 

また更年期にさしかかると精神的に悩まされることが多いです。

 

仕事、子育て、将来の生活への不安・・・。

 

こういったことのストレスが積み重なった結果、
いつの間にか自律神経の調節がうまくいかなくなり
体の冷えを誘発してしまうということもあります。

 

 

もしあなたが今まで何をやっても冷え性が改善しなかったと
嘆いているのなら、もう1度冷え性への対策に取り組んでみてください。

 

更年期にきちんと冷え性を改善すれば、
その後も楽に明るい暮らしを手に入れることができます。

 

長年続くつらい冷え性のせいで眠れない、
身体が疲れやすくて何もする気がおきないといった悩みをもっているのなら、
今ここで冷え性を改善することを心に決めましょう!

体を温めるには血流をよくすることが大事

冷え性に悩んでいる場合に
常に心がけてほしいことは血流をよくすることです。

 

血流をよくすることで体を温めることができます。

 

では、血流をよくするにはどうしたらよいか・・・。

 

方法はいろいろとありますよね。

 

食べ物、運動、身に付ける服など
考えられるものはたくさんあります。

 

食べ物の場合は女性が大好きな生姜でぽかぽかになる。

 

あるいは黒酢などを飲み続けて血液をサラサラにする。
杜のすっぽん黒酢といったサプリメントも良いですね。

 

運動の場合は軽いウォーキングにはじまり、
ランニング、サイクリングなどの趣味をもって毎日継続する。

 

身に付ける服などの場合、腹巻きや手足の冷えを改善する
遠赤外線商品を普段から使用していくことをしていく。

 

やれることはたくさんありますが、
大事なことは何か1つをするのではなく、
できることは全部おこなっていくことです。

 

体を温めるには血液の流れがサラサラで
全身に血の巡りがよくいきわたるように意識すればいいわけです。

 

そのためには今までの生活習慣を見直して
改善できるところはなるべく直していけば自ずと冷え性も改善されます。

 

いきなり全てを変えるのは難しいでしょうが、
意識していくだけでも違うのでやってみてください!